正規品100%の即効性にすぐれたED治療薬「レビトラ」の通販で購入する方法、薬の個人輸入の方法を詳しく解説・案内しています。

ED(勃起不全・勃起障害)とは

2019.11.22

ED(勃起不全・勃起障害)とは はコメントを受け付けていません。

EDとは?
ED(勃起不全・勃起障害)とは

ED(勃起不全)とは、「勃起機能の低下」を意味する英語(Erectile Dysfunction)の略です。専門的には「満足な性行為に十分な勃起が得られない、もしくは維持ができない状態が持続または再発すること」とされています。

この記事ではEDの症状やED診断、EDの種類についてご紹介します。

全く勃起しない、いわゆる「インポテンス」を想像する方が多いかもしれませんが、「時々たたない」「中折れする」などもEDの初期症状に含まれます。

また、高齢の方がに多い症状だと思われがちですが、近年ではストレスなどの影響から20代の男性でも多く発症しています。

EDは離婚、別れ、浮気の原因にもなってしまう可能性が高いです。そのまま放置していると症状は悪化してしまい、治療するのが難しくなってしまう場合があります。

日本おいてEDは軽く考えられてる風潮がありますが、立派な病気のひとつです。そして、男性としての誇りに関わるデリケートな問題でもあります。

まずはどのような症状なのか診断して、悪化するのを防ぐ為にも早めに対処するようにしましょう。

ED(勃起不全・勃起障害)の定義

EDの定義は非常に幅広いのですが、「勃起機能の低下」を意味します。具体的には、下記のようなものがEDの定義と言われています。

  • 十分な勃起が得られない
  • 勃起状態が維持できない
  • 性交の際に75%以上でが性交不能状態
  • 勃起機能低下が理由で満足な性行為ができない状態が3ヵ月以上続いている

最近はストレスなど様々な理由によって若い方も多く発症していることから高齢の方の病気ではなくなってきています。日本人のEDの発症率は高く、成人男性の33%がEDとされています。

また、朝勃ちはする、オナニーでは勃起できるのに相手を前にするとうまく勃起できない、妻にだけ勃起しない、などの症状もEDに含まれます。

特定のシチュエーションで勃起しない、逆に特定のシチュエーションでしか勃起できない、などもEDになるため、自覚がないだけで潜在的なED患者を含めると実際には更に多いと推察されています。

男性の勃起の仕組みは非常に複雑です。若い方でも発症しているとはいえ、高齢になるほど病気や生活習慣病などで悪化してしまいます。また、うまく勃起できない事がストレスになり、さらに悪化してしまうスパイラルに陥ってしまう危険があります。

「今日は疲れているからたまたまダメだっただけ」などといつまでも自分に言い訳をして放置していると、やがて深刻なEDとなってしまいます。

ED(勃起不全・勃起障害)の診断をしてみよう

ED診断セルフチェック

自分がEDなのかどうか気になるという方も中々自分では判断が難しいものですが、セルフチェックができますので、症状が気になる方は診断してみましょう。

まずは自分がどの程度の症状なのか確認しEDのレベルを知ることが大切です。

下記の診断で軽度以上の方は、早めに対処する必要があります。正常な方も、EDにならないように日ごろから生活習慣などに気をつけましょう。

EDは、年齢関係なくいつ誰が発症してもおかしくない病気で、少しずつ進行していきます。他人ごとと考えず、できるだけ早めに対処しましょう。

ED(勃起不全・勃起障害)の症状

EDの症状は、完全に勃起しないというような極端な場合だけではなく、いくつか段階があります。重度のEDになってしまうと治療が困難になってしまうため、既に初期症状の自覚がある方は早めに対処することが賢明です。

EDではない

性行為のたびに毎回十分な硬さの勃起をする事ができ、勃起状態を維持する事も出来る状態です。

この方は、EDに該当する危険はほぼありません。

軽度のED

ほとんどの場合、十分な硬さの勃起をする事ができ、勃起状態を維持する事も出来る状態ですが、勃起に失敗する事がたまにある方は軽度のEDです。

たまに勃起しない、中折れしてしまうという程度でしたらあまり気にしない方が多いかもしれません。

しかし、これはEDの初期症状ですので、見て見ぬふりをしていると勃起できない頻度が上がっていき、症状が悪化していってしまうケースが非常に多い傾向にあります。

このような症状が出始めたら注意が必要で、できるだけ早めに対策を取る必要があります。

中度のED

時々十分な硬さの勃起をする事ができ、勃起状態を維持する事も出来る状態です。

性行為の回数のうち、50%程度がうまく勃起できない、勃起状態を維持できない場合は中等度のEDと診断されます。

軽度EDの段階では気にしない方が多いかもしれませんが、50%も勃起しなくなってしまうといよいよ焦り出す方がほとんどではないでしょうか。

この頃になると、はっきりとEDを自覚するようになります。この状態になると、しっかりとした対策ができるかどうかが今後悪化するかしないかの分かれ道になってきます。

重度のED

回十分な勃起ができない、または勃起状態を維持できない状態です。

完全EDは、初期症状、中期症状の方に比べるとかなり少数だと言われています。もちろん重症化するほど改善するのが難しくなってしまいます。重症化すると治療薬などでの治療が不可能になり、注射や手術に頼るしかなくなってしまいます。

手遅れになる前に、早め早めの治療を心掛けましょう。

様々なED(勃起不全・勃起障害)の種類

EDには、多くの種類があります。多様化した現代だからこそ原因なども複雑です。「特定の状況や相手でしか勃起しない」或いは逆に、「特定の状況や相手では勃起しない」などの症状ももEDに含まれます。

今のところは特定の状況のみであったとしても、悪化するとどのような状況や相手でも勃起不全になってしまう危険があります。

気になる兆候がある方は、症状の種類もしっかり把握しておきましょう。

若年性ED

かつてはEDは、中高年以降の男性に起こる症状とされていましたが、最近は様々な要因で10代、20代、30代の若い世代の男性でも多くの方が発症しています。

若い人の場合、病院に行くのが恥ずかしいという気持ちが特に強い傾向にある為、解決できないまま症状が悪化してしまうケースが多いと言われています。

また、オナニーでは射精できる、朝勃ちはするという方も多く、自覚しにくいのが特徴で、若い男性がEDになる原因の多くは精神的なことが多い為です。

コンプレックス、ストレス、疲れ、緊張やプレッシャーなどの原因でEDになってしまう方が増加しています。

また、間違ったオナニーの仕方が原因でEDになってしまう方も多いと言われています。強く握ったりするなど刺激の強いオナニーを繰り返す事で、膣圧では刺激を感じられなくなってしまう為です。

排卵日ED

年々結婚の晩年化が進んでいますが、女性は年齢を重ねるほど妊娠しにくなってしまいます。出産を望む夫婦はある程度の年齢になると時間との勝負になる為、不妊治療に取り組んでいる夫婦も多いと聞きます。

妊娠する為にはもちろん膣内射精が必要ですが、排卵日に膣内射精を行う事で着床しやすくなります。

このタイミングで性行為を行うのがベストなのですが、男性の勃起は非常に繊細で「今日は絶対射精しなくては」という気持ちがプレッシャーになり、焦れば焦るほどうまく勃起できない場合もあります。

また、奥さんが焦るあまり、心ない言葉を発してしまった事がトラウマになり、ますます勃起ができなくなるケースもあります。

妻の時だけED

性欲はあるし、愛情もあるのに、奥さんでは勃起しない、付き合っている彼女にでは勃起しない、というケースも多いようです。理由は様々ですが、マンネリ、飽きてしまった、刺激が足りない、女として見れない、子供ができてから妻というより母親、などの意見が多いようです。

家庭は本来は「安定」を得るべき場所ですので緊張感がなくなるという事自体は決して悪いことではありませんが、男女の関係としては刺激が足りなくなってしまう事はあり得えます。

また、男性は狩猟本能がありますので、一度自分のものだと思ってしまえば追いかけたくなるという気持ちも薄れていってしまうのです。

そのままではセックスレスにもなりかねません。刺激が足りないのであれば、日常とはかけ離れたプレイに挑戦してみるのもいいでしょうし、媚薬を利用したり、感度をよくするクリームを利用したりすれば、普段とは違った刺激的なセックスを愉しめむ事が期待できます。

バーチャルED

バーチャルEDとは、2次元やAVなどのコンテンツでは射精できるのに、生身の女性を前にすると勃起できない事です。最近はインターネットが普及した為、若い頃から性的で過激な情報を知っている男性がほとんどです。2次元や過激なAVでのオナニーに慣れてしまい、実際の女性では刺激不足になり勃起できない方が増えていると言われています。

その事に焦りを感じているのならばまだいいのですが、性欲をAVばかりで満たしていると、更にEDに拍車をかけてしまいます。一生オナニーだけで満足できる方は別ですが、恋人が欲しい方や今後結婚したい方は、早めに対処する必要があります。

現実世界と仮想世界は別物だと分けて現実を優先に考えましょう。

勘違いED

たまに勃起しないくらいであれば、まだEDの初期症状と言えます。初期の段階であれば必要以上に気にする必要はないのですが、数回勃起しなかっただけで過剰にネガティブになってしまう方もいるようです。

プレッシャーやストレスを感じるとEDはさらに悪化してしまい、自分を責めたり、一生治らないと勘違いしてしまって、うつ病に発展してしまう場合もあります。

初期症状ならEDを改善するには全然間に合いますので、あまり気にせず適切な対処をする事が大切です。

悩みや不安はEDを悪化させてしまうという事を心に留めておいてください。

ED(勃起不全・勃起障害)についてさらに詳しく

EDについて、さらに詳しく知りたい方は改善方法、原因、予防方法なども知っておきましょう。既に兆候が現れている方も、これ以上の悪化を防ぐために大切です。

ED(勃起不全・勃起障害)の治療と改善方法

EDを改善する方法は色々ありますが、現在は病院に行くと、服用に問題がなければED治療薬が処方され、投薬治療が第一の選択肢となっています。

臨床試験でも80%以上の方へ効果が認められている医療医薬品ですので、世界中で多くの方が投薬治療の効果を実感されています。

それ以外にも精力剤やEDサプリメントを利用する、ホルモン療法で治療する、注射、手術、生活習慣の改善、カウンセリングなど様々な方法がありますので、EDの兆候や症状がある方は、ご自分にあってる方法で早めに治療をスタートしましょう。

ED(勃起不全・勃起障害)の原因

ED(勃起不全・勃起障害)の原因には様々なものがありますが、大きくわけて3つで、加齢や生活習慣などの肉体的な原因、ストレスやトラウマなどの精神的な原因、そして服用しているお薬の副作用があります。さらに、複数の原因が関係している場合も多くあります。

非常に多くの原因がありますので原因の解明は難しい部分もありますが、原因を知れば悪化を防ぐ事も可能です。心当たりがある方もない方も、一度確認してみましょう。

ED(勃起不全・勃起障害)の予防と悪化防止方法

EDは生活習慣などが大きく関わっていますので、肉体的な原因の場合は生活習慣などを改善する事でEDの予防と悪化防止に繋がります。

まだEDでない方は予防の為に、EDの方は悪化を防止する為に、予防方法を知っておくべきです。

EDの症状が気になったら早めに改善を

EDは、最初の内は時々症状が現れるくらいであったとしても、徐々に症状が悪化していってしまう病気です。

放置したことによって、若くして重度のEDになってしまった方も少なくなく、うつ病を発症してしまう方もいます。

また、女性を満足させることができないことで不仲になったり浮気、別れ、離婚などを誘発してしまう危険性もあります。

彼氏がEDの女性は、「自分に何か原因があるのかな?」、「浮気をしているのではないか」と悩んでいる方が多いそうです。

性行為は相手もあっての事ですので、少しでも気になる症状があったら、女性の為にも早めに改善することが大切です。現在はレビトラなどのED治療薬を利用すれば、多くの方が簡単に改善する事が可能ですので、後々後悔してしまう前に、できるだけ早く対処する事を強くおすすめします。

関連記事

コメントは利用できません。

ED治療薬 初心者ナビ

EDとは?
海外医薬品を通販で購入することは合法?
レビトラの口コミ
売れ筋ED治療薬ランキング

ツイッター

ED治療薬4種類のお買い得セット